コート・ダ・ジュールのお空

ワタシが今住まいにしている場所は北海道なのですが
空がとても広いです。

空がまるでプラネタリウムのように端が地面と
つながっているように感じられて
時間の経過ごとに移り変わっていく空の光に
時には息をのむほどにきれいだったりして
北海道の空はそんな空です。

北海道の空にかなう空なんてないぜ!
そう、思っていたのですが
フランスのドライブ中に出会ってしまいました。
コート・ダ・ジュールではなく
フランスの内陸部なのですが。

北海道の空は広いと感じられるのですが、
フランスの空はでかいと言うか
広さだけではなく、奥行きも感じられて
自分がちっぽけだなと感じられたのです。

さて、今回の写真はモナコ大公宮殿です。
ここから街が一望出来ます。
行った日は、あいにくの天気だったのですが、
たまたま青空を観る事が出来ました。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック